FC2ブログ

Takaのビックリ映画館

元はこの僕、Takaがホラー映画、SF映画やアクション映画を紹介、レビューするブログでしたが、名前を新たに、僕が観た様々なジャンルの映画を独断と偏見でレビューするブログに変身しました(笑) *過去の記事には刺激が強い内容を含むもの(主にホラー、スプラッター系)がありますので、KIDSと下ネタ嫌いな人はご注意ください!!

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

皆さん、おはこんばんにちわ!
私事ではありますが、最近更新の頻度が低くなっております...>_< (ネタ不足も否めない^^;)

さて、今回のお題は少し古い作品。1995年、押井守監督が手がけた、「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」であります。

西暦2029年。
企業のネットが星を覆い、電子や光が世界を駆け巡っても、国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない近未来。
他人の電脳をゴーストハックして人形のように操る国際手配中の凄腕ハッカー、通称「人形使い」が入国したとの情報を受け、公安9課は捜査を開始するが、人形使い本人の正体はつかむことが出来ない。

そんな中、政府御用達である義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが突如稼動し、女性型の義体を一体作りだした。義体はひとりでに動き出して逃走するが、交通事故に遭い公安9課に運び込まれる。調べてみると、生身の脳が入っていないはずの義体の補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていた。

現在に至るまで映画、TVシリーズ、ゲームといった複数の媒体で展開されてきた、「攻殻機動隊」ですが、この作品が最も士郎正宗の原作に近いテイストを持っています。

当時、日本ではこの映画、エポックメイキングな作品であるにも関わらず、「新世紀 エヴァンゲリオン」のような社会現象にはなりませんでした。一方、アメリカでは、その独特な世界観とストーリーが評価され、ビルボードで1位を記録するなど、非常に素晴らしい功績を残しています。
また、ウォシャウスキー兄弟の「マトリックス」三部作にも大きな影響を与えています。

アジア的サイバーパンクな都市、また、レプリカントのような存在である義体など...
そのディストピアな、ハードSFとしての設定は、「ブレードランナー」を彷彿とさせます。

哲学的なテーマ、ハードボイルド小説の主人公のようなキャラクターといった、「ブレードランナー」のエピゴーネンであることは明白であります。

しかし、「ブレードランナー」が、「人間とは? レプリカントとは?もしかすると、レプリカントの方が人間よりも人間らしいのではないのか?」といった問題提示によって、ドラマが展開されていたのに対し、「攻殻機動隊」では、「電脳化が進んだ社会において、自分という存在は何なのか? 「自分が自分であること」とは?」といった、アイデンティティの追求という点が大きな違いです。

本作の世界では、電脳化によって自らの記憶はそのままに、全身を義体化(所謂サイボーグ化)することが可能。
電脳化によりネットワーク技術は高度なものへと昇華し、本などの外付けの記憶は必要ありません。また、会話の際は口を開かなくても会話できます。常にネットと接続しているため、即座に情報を検索することも可能であります。

そんな中、電脳をゴーストハックすることにより、マリオネットのように操るハッカー、人形使いが現れます。

人形使いを追う主人公の草薙素子は、対犯罪組織である公安9課における隊長として、非常に優秀。しかし彼女は、人形使いの出現により、元々抱いていた不安が決定的になります。その不安とは、全身を義体化している故の、人間としてのアイデンティティとリミットに対する不安です。
9課のメンバーであるバトーもまた、彼女同様、肉体の大部分を義体化しており、心の中で不安を抱き始めます。
同じく9課のメンバーであり、警察機関出身のトグサは、電脳化している以外は生身。家に帰ると妻と娘がいる、孤独とは無縁の普通の男です。それ故、2人の苦悩を感じることが出来ずにいます。

9課は人形使いを追う内に、ある事実に気づくことになります。人形使いは人間ではなく、実体を持たない生命体でした。6課が行った極秘プロジェクトの過程で誕生した人形使いは、人類はまだ生命を定義できていないことから、自らが絶対的な生命であると定義します。

そんな価値観を持つ人形使いは、情報の渦で見つけた素子にコンタクトを取ろうとします。なぜなら、彼女だけは生命の本質は物質ではなく、情報空間にあると気付きかけていたから。彼女と交わることで、子を生み出そうとしますが、果たしてその結末とは?

この作品には、非常にリアルな東洋的虚無が描かれています。中国語と日本語に埋め尽くされた雑多な都市は勿論、そのテーマ性と人形使いの価値観。原作が登場した1990年代に多くの人が感じた不安定な未来をそのまま描き出されていると思います。
「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」は、1回見ただけでは全てを理解するのは難しいですが、2回、3回...と繰り返し観ることにより、物語の深さに気づいていきます。

  1. 2016/03/14(月) 09:13:51|
  2. アニメ
  3. | コメント:0
<<ラチェット&クランク | ホーム | オデッセイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Taka

Author:Taka
大学生の映画好き男子です(笑)下記は簡単な自己紹介!
 
住んでいる場所...関西のどこか

超・僕的好きな映画オールタイムベスト10...
1. ブレードランナー
2. 椿三十郎 
3.スタンドバイミー 
4.パンズ・ラビリンス 
5.セブン 
6.勝手にしやがれ 
7.ゴジラ(1954) 
8. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!モーレツオトナ帝国の逆襲 
9 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
10. スパイダーマン2

超・僕的好きな映画ベスト10(2010‘sEdition)
1. マッドマックス 怒りのデスロード 
2.シン・ゴジラ 
3.BLAME! ブラム 
4.アイ・アム・ア・ヒーロー 
5.ズートピア 
6.スーパー! 
7.劇場版 魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語 
8.エール! 
9.オデッセイ 
10.ドライヴ


好きな映画監督...リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロン、ギレルモ・デル・トロ、黒澤明

好きなハリウッド俳優...アル・パチーノ

好きなハリウッド女優...シャーリーズ・セロン

好きな漫画...クレヨンしんちゃん、ケロロ軍曹

好きな食べ物...ピザ、寿司、ラーメンetc...

好きな飲み物...オレンジジュース、ビール

好きな芸能人...大泉洋

このブログはホラー以外のジャンルも扱うようになったので、普通の映画好きな人も見てくださると嬉しいです!
Twitterリンク: (Twitter

最近新しいブログも始めました! リンクはこちら、Takaのお気楽堂

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

映画総合 (70)
アニメ (11)
ゲーム (2)
その他 (3)
アクション (8)
サスペンス (9)
スプラッター (11)
ホラー (13)
スリラー (8)
ヒューマンドラマ (6)
SF (9)
コメディ (2)
時代劇 (1)
怪獣映画 (6)
ダークファンタジー (1)
ヒーロー、ヒロイン (2)
お祭り映画 (1)
駄作 (1)
青春映画 (0)

広告

フリーエリア

リンク

検索フォーム

フリーエリア