FC2ブログ

Takaのビックリ映画館

元はこの僕、Takaがホラー映画、SF映画やアクション映画を紹介、レビューするブログでしたが、名前を新たに、僕が観た様々なジャンルの映画を独断と偏見でレビューするブログに変身しました(笑) *過去の記事には刺激が強い内容を含むもの(主にホラー、スプラッター系)がありますので、KIDSと下ネタ嫌いな人はご注意ください!!

グリーン インフェルノ

なんとなんと、ついにこの作品をレビューする時がやってきた!

これぞ、次世代マンハント・イン・ジャングル映画だ!

秘境の人々が愚民を次々に、喰って、喰って、喰いまくる!





すいません、ちょっといつもより興奮気味のTakaです(笑)  
決してヤクはキメていませんので大丈夫です(念のため)

今回紹介する作品、実は公開当時劇場へ足を運ぼうか運ぶまいか非常に悩んだ末、行くことなく過ぎ去った作品でして、ずっと観る機会がなかったのです。 ゲオでのレンタルが旧作価格になったこともあり、ついに見ることができました。(ケチではないですよ(笑)
ということで、今回紹介する映画、「グリーン インフェルノ」であります!



『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロス監督がメガホンを取って放つ衝撃の食人ホラー。人間を食する風習が残るアマゾンの奥地で若者たちを襲う、阿鼻(あび)叫喚の世界を徹底的に描き出す。監督が俳優としても出演した『アフターショック』でも組んだ、ロレンツァ・イッツォやアリエル・レビが今作にも出演。巻き込まれ型ストーリーを得意とするロス監督による残酷な展開に絶句する。

不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、学生たちの活動家から成るグループは現地に赴く。その後、彼らの度を越した行動が目に余ったため全員強制送還されることになるが、その途中で搭乗機がエンジントラブルを起こしてしまう。熱帯雨林に墜落した飛行機の生存者たちは救助を求めるが、彼らを待ち受けていたのは食人族だった。 (Yahoo映画より)

いわずもがな、あの「ホステル」を撮ったイーライ・ロス監督の問題作。
所謂「食人族」(原題:Cannibal Holocaust)に端を発するモンド系の映画を、現代風のアプローチで描いた作品です。
バックパッカーの若い男たちが、エロ目的でやってきたホステルでエラい目に合わされる・・・といったストーリーのホステルと基本的な構造はほぼ同じで、本作ではそのまま、大学生グループがデモ目的で秘境に行ったら食人族に喰われる・・・という話であります。まあ、スプラッター映画定番の、危険に巻き込まれたちょっとおバカな若者が襲われる映画ですね(笑)

モンド系の源流である、1980年公開の「食人族」がドキュメンタリータッチで、所謂POVモノのハシりであったのに対し、こちらは冒頭でも述べましたが、非常に現代的な要素が取り入れられている普通の映画です。 その現代的な要素というのが、大学生グループによるデモ活動です。 日本でもSHIELDSの過激なデモ活動が話題になっていますが、ああいう感じのデモ団体が食人族に襲われるという設定になっています。また、SNSや動画サイトといった、もはや現代人には手放せないものも物語を動かすキーとなっています。 ロス監督曰く「誰もが簡単にSNSで正義を表明できることに疑問を持った」と述べていますが、その問題提議をモンド系の映画でやったということが、まず拍手ですね。
僕も含めてですが、大学生には何かしら、自分の持つ知識に対する自信や驕り、あるいは目立ちたいという承認欲求があると思います。 最近ではバカッターとか言われているツイッターで、そういったものを爆発させてる人がいますね。 で、悲しくも某掲示板のネタになっちゃうみたいな(笑)
そういったネット社会への警鐘が、この映画を単純なモンド系スプラッター映画にしていない要因になっています。

単純なリアルさといった部分では「食人族」に譲りますが、この「グリーン インフェルノ」、映画的な意味では非常にリアリティを追及しています。 
それがそのまま、映画的な面白さに繋がっているのが、さすがタランティーノ監督に気に入られているイーライ・ロス監督といったところ。 代表的な例を述べると、「ホステル」でもそうでしたが、ご都合主義的な展開にはなっていない点です。
所謂いいやつほど悲惨な死に方をし、性悪なやつほどしぶとく生き残ったり、あっさり苦しまずに殺されます。
この展開こそ、殺される人間に善悪など関係ない・・・というリアルさを演出することに成功しているのです。 また主人公のジャスティンも屈辱的な体験をするという、最近のスプラッター映画では珍しいものであります。 
余談ですが、ジャスティン役のロレンツァ・イッツォはイーライ・ロス監督の実の奥さんだそう。
まるでスプラッター界のゴダールですな(笑)  彼女、非常に端正な顔立ちをしているのですが、最終的にはエロいというより、思わず笑ってしまうような、恥ずかしい恰好をさせられてしまいます(笑) あ、でも、ああいうの好きなフェチの人には堪らないかもね(笑)

さて、モンド系ということで気になるゴア度ですが、思ってたよりもグロくはなかったですね。 むしろ「ホステル」のほうがグロいと思います。ですので、物足りない人には物足りないかも。  踊り食いよりは、焼いて調理された肉を食うシーンが多いので、かなりマイルドです。
しかし、一般映画の中では普通にグロいので、苦手な人が観ると気分悪くなること必須ですのでご注意。
この食人シーンなのですが、カメラアングルが非常に美しく、まるで世界ウルルン滞在記でも観ているかのような錯覚に陥ります(笑)
どうみても人肉なんてまずそうなんだけど、みんな美味しそうに食います(笑) 食人族ということを忘れて、普通の部族の生活を見ているような感じですね。 
まあリアルで人肉食ってるとこテレビ放送されてたら引きますけどね(笑)

食人族を演じている人々は、実際にジャングルで生活する部族(もちろん食人文化はない)が演じていることもあり、実際にいそうな感じが非常にリアルです。 彼らはコメディみたいなノリで演じていたそうですが(笑)、いい演技をしていました。
やっぱり休憩中とかは、メインキャストと部族の子供たちが遊んでる・・・みたいな平和な光景なんだろうなあと考えながら観ると、よりこの映画が面白くなると思います(笑)
  1. 2017/05/19(金) 13:24:02|
  2. スプラッター
  3. | コメント:0

アイアムアヒーロー

2016年もいよいよあと残り僅かで終了となりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕は年を越す感覚が全くしません(笑)
(まあ正月とにかくダラダラ過ごすということは確定でありますが...)

まあ大学とバイト始まるまでは正月を享受しようかなと思います。

さて、最近は劇場でもDVDでも映画を全く観れてなかったのですが、気になっていた作品をやっと観ることが出来たので、レビューしようかなと思います。

というわけで、今回のお題は「アイアムアヒーロー」であります!

花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描く。主人公・英雄を演じる大泉と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演。「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介監督がメガホンをとった。(映画.comより)

さて、今年の漫画実写化でもダントツの高評価でありましたこの作品。

シッチェスなんてマニアックな映画祭に出品される程とは...
一体どんなに凄い作品なんだろうか...とずっと気になっていました。

結果は...


劇場で観なかったことを後悔するほどの傑作ゾンビ映画でした...!!

いや〜、面白い!
日本でまともなゾンビ映画なんて作れないだろうと思っていましたが、この作品が変えてくれましたね。

洋ちゃんたち主要キャストの演技は勿論レベルが高かったですし、ゾンビ映画としても非常にツボを押さえつつも、エンターテイメントとして楽しい作品に仕上がっていました。

僕的には、ロメロ監督が絶賛していたサイモン・ペグ主演の「ショーン・オブ・ザ・デッド」を、日本でやったという感じの印象を受けました。

少しネタバレになってしまいますが、序盤で洋ちゃん演じる英雄がZQN化した彼女に襲われてしまうシーンは、普通のゾンビ映画であればシリアスなシーンなはずなのですが、彼女がドアに噛み付いたが為になんと歯がなくなってしまうのです(笑)

その後、英雄は彼女に噛まれてしまうのですが、歯がない為意味がないという...(笑)

ゾンビメイクが非常に気合い入っているだけに、こういうシュールさがとてもツボにハマりました。

勿論、コメディ要素だけではなくゾンビ映画のお約束もたっぷりと含まれています。
人々が次々とZQN化していき、街が崩壊していく様は完全にリメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」ですし、後半の舞台は言わずもがな、「ゾンビよりも人間の方が怖いよ」という、人間の醜さが露わになる展開へとシフトしていきます。

その展開は「ウォーキングデッド」で散々観たからもう飽きたよ...という人も当然いるでしょう。
しかし僕はゾンビ映画とは、ゾンビという舞台装置を使った人間ドラマの側面があると思っているので、オマージュとしてありだと思いました。

あと特筆すべきなのは、何と言ってもゴア描写でしょう。
R15なのが頷けるほどのグロテスクな表現がバンバン映し出されますので、(特に後半のヘッドショット祭りは圧巻!)そういった類のモノが苦手な人に厳しいかもしれません。
しかし、R15と銘打っておきながら大して残虐描写がないような作品も多い今の日本映画で、ここまで容赦なくやったのは本当に拍手を贈りたいですね!(ゲームでもそうですが、美少女キャラのおっぱいは平気で揺らしたりする癖にゾンビの首を守るのは全く理解できん。)

次にキャストについての感想を。
洋ちゃん演じる英雄は、売れない漫画家で、趣味の散弾銃を鏡の前で構える度に同棲している彼女に愚痴られるという、現実に居そうなダメ男感が非常にリアルでしたね。
過去の成功にすがっているところも何だか哀愁漂う感じで、まるで原作者は実写版には洋ちゃんにやってもらいたいなぁみたいに考えながらこのキャラを創り出したんじゃないのかというくらい、ハマっていました(笑)

そして、何と言っても良かったのが洋ちゃん演じる英雄と行動を共に奇妙な(?)共同サバイバル生活をすることになる有村架純ちゃん演じる比呂美。
めっちゃ可愛かったですわ!(笑)
途中で意思を持ったZQNになってしまう為台詞は少なくなってしまうのですが、その可愛さと健気さ(?)で非常に印象に残るキャラでした。
特に後半の殺伐とした展開の中で、彼女の存在が清涼剤になっていたのではないかなと思います。

あと、中盤以降から登場する長澤まさみ演じる女医の藪も良かった。
女性ながらZQNを恐れることなくこの絶望的な状況をサバイブしようと、英雄と協力するという、ある意味テンプレ化されたキャラクターではあるのですが、ただの戦闘要員ではなかったのが非常に好印象です。
彼女のある言葉が、後半の英雄の行動に大きな影響を与える重要な役割を果たすことになります。
そのシーンの作り方が非常に秀逸で、観たときはその燃える展開に思わず鳥肌が立ちましたね...

まさかこの作品をここまでベタ褒めするとは思ってもいなかったですが、これだけ面白いゾンビ映画が日本でも作れるという一つの指標になったと思いますし、この作品に刺激を受けて新たなゾンビ映画が作られるようになれば、僕のようなゾンビ映画好きとしてはこの上ない幸せであります。
残虐描写に耐え切れる勇気があるなら、ぜひ観て観てください。
オススメです!!



  1. 2016/12/31(土) 21:35:26|
  2. スプラッター
  3. | コメント:0

蝋人形の館

ダークキャッスル製作、2005年の作品。

カーリーら6人の若者たちは大学で行われるフットボールの試合を観るため、スタジアムへ向かっていた。しかし、その道中で車が故障してしまう。カーリーと恋人は車の部品を購入するため、近くのアンブローズという町へ。人の気配がない不気味な町の中、一軒の蝋人形館を発見する。あとを追ってきたカーリーの兄と友人、キャンプ場に残っていた2人にも、呪われた蝋人形の魔の手が迫るのだった。

「お前も蝋人形にしてやろうか〜!」
デーモン小暮閣下でお馴染み、蝋人形を題材にした50年代のスラッシャー・ホラー映画のリメイク。結構前に観た作品なのでうろ覚えだが、ダークキャッスルの作品はこれが3回目だったような気がする。最初に観た「ゴーストシップ」がクソ映画(前半は良かったが、後半からはキングオブクソ)だったので、口直しに観た「ゴシカ」が期待以上に面白かったので、今回紹介する映画を観た記憶がある。「悪いけ」や「13金」に始まる「田舎行ったらヤバい奴がいて襲われちゃいました系」の行かなきゃ大丈夫な使い古されたネタだが、今作は最近(っても古いか?)のスラッシャーものとしては名作と言えるんじゃないかと思う。確かにやってることは「悪いけ」などと殆んど同じだ。しかしこの作品、最近の映画ではあり得ない登場人物の生存率と悲惨度が売りなのである。(ここから先はネタバレを含んでいる)



まず、ヒロインのカーリー(「24」のジャックの娘キムでお馴染み、エリーシャ・カスバート)の彼氏が序盤でアキレス腱を切られ(!)、蝋人形にされてしまう。あの超お騒がせセレブのパリス・ヒルトンが妖艶ダンスを彼氏に披露したと思えば酷いヤり方で惨殺される。荒くれ者のカーリーの兄は2組のカップルがいちゃついてる一方、悪友を連れ、しかも悪態をついている。エリーシャの彼氏からは嫌がられている厄介者で、普通なら真っ先に殺されそうな奴。しかし、妹が危機に瀕していると知ってからは彼女を守りながら殺人鬼と戦うかっこいいキャラに変貌するのだ。そして、カーリーの指一本が殺人鬼の兄によってペンチで切られるという、普通のホラー映画ではあり得ない肉体の犠牲。これらの展開によって俺が高く評価している「ヒルズ・ハブ・アイズ」とタメをはれるくらいの作品なんじゃないかと個人的には思ってる。やっぱ「悪いけ」的なスラッシャー・ホラーはこれくらい過激なことやってくれないとダメだね。

  1. 2015/06/26(金) 12:31:15|
  2. スプラッター
  3. | コメント:0

悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

伝説のホラー映画と名高い1974年の作品「悪魔のいけにえ」の正統な続編。マイケル・ベイ製作のリメイク「テキサス・チェーンソー」続編ではない。

物語は1作目のラストから始まる。辛くも食人一家から逃げ延びたサリーの証言により、一家は自警団と保安官に囲まれてしまう。保安官はレザーフェイスであるババ・ソーヤーのみを拘束しようとしていたが、自警団は家に火を放ち、家族を焼き殺してしまう。唯一生き残った赤ん坊ヘザーは自警団の夫婦に引き取られるのだった。数年後、成長したヘザーの元に祖母が亡くなったとの知らせが届く。祖母が遺していた洋館に、友達と行くことにするが、そこでは死んだはずのレザーフェイスが生き延びており...

伝説のホラー映画「悪魔のいけにえ」の続編、しかも40年もの沈黙を破り登場したということで、期待を胸に観た俺。結果は... 「突っ込みどころはあるが、続編としては十分健闘してる。」 気になる突っ込みどころだが、1作目の出来事が74年、ヘザーの年齢を考えると本作は90年代のはずなのだが、なぜかスマホや現代車が出てくるのだ。この世界では現実世界とは違うということなのかもしれないが、その辺はリアリティーを追求して欲しかった。 肝心の内容だが、今回はタイトルにもあるようにレザーフェイスだけではなく「一家の逆襲」となっている。なぜ一家なのかはネタバレになってしまうため詳しくは言えないが、74年から続く一家と自警団の因縁の物語である。それにヘザーたちがどう関わっていくのか、なぜレザーフェイスは洋館にいるのか?というサスペンスフルな展開も見せている。残虐シーンは1作目よりもパワーアップしており、定番の人間フックも健在。殺人鬼レザーフェイスの、もはや職人芸といえる殺し方、肉捌きは逸品。今回のレザーフェイスは前作の格好を踏襲しつつ、髪がやや赤みがかかっている。前作でも見られたオシャレに気をつかっている点がきちんと継承されているのだ。また、みうらじゅん氏も言っていたが、ヤることしか頭に無い無軌道な若者たちが散々な目に遭わされ殺されるという基本フォーマットはきちんと踏襲されている。そして気になるヒロインだが、今作のヘザーは長身でスレンダー、顔は目が覚めるほど整っている。しかもヘソだしルックでヤラシイという、十分合格点である。リメイク版のヒロインだったジェシカ・ビールやジョーダナ・ブリュースターもそれぞれ良かったが、今回のヘザー役、アレクサンドラ・ダダリオも素晴らしい。「悪魔のいけにえ」シリーズの良いところは毎回ヒロインが魅力的だ。今作はあまり力まず、美人のヒロインとレザーフェイスの暴れっぷりを楽しむ作品だ。
  1. 2015/06/08(月) 21:18:36|
  2. スプラッター
  3. | コメント:0

ゾンビ大陸 アフリカン

あまり期待せずに観たのだがめっちゃ面白かった!

アフリカの小さな村で死者がゾンビとなって蘇り、生者を襲い始めた。現地の軍に所属するテンベレの一家もゾンビの餌食となってしまうが、息子だけが奇跡的に生き延びていた。その頃、駐留していた米軍のエンジニア、マーフィーは墜落した飛行機から生還、脱出するためゾンビを倒しながら進むマーフィー。道中、現地軍人であるテンベレと出会い、2人で協力することに。ゾンビが居なければ互いに憎み合っていたかもしれない2人。彼らはそれぞれの家族に会うという共通の目的で行動を開始する。

この作品、「ホテル・ルワンダ」に続くアフリカ大陸シリーズらしい(笑) いつの間にシリーズ化しとんねん!作風違いすぎやろ(笑)
C級映画のような、なんかヤバそうな邦題だが中身はゲテモノなどではなく、ストーリーも設定もしっかししたA級作品だ。
最近流行りのダッシュゾンビではなく、ロメロタイプの正統派ゾンビが登場する。所謂リビング・デッドだ。しかも、ゾンビの元となったブードゥー教発祥の地であるアフリカが舞台であるから、ネイティヴゾンビとも言えるだろう。また、ロメロゾンビにいた僧侶ゾンビや、ミゲルのような特徴的なゾンビも登場する。人種差別ではないが、黒人の人たちはフラフラと歩いているだけで立派なゾンビとして成立してる。ロメロゾンビのような白塗りゾンビではなく、肌の色はそのままでコンタクトレンズをしてるのだが、これが結構怖いのだ。しかもゾンビは休まずにずっと歩き続けるので、如何なる時でも気が抜けない上、アフリカという土地ならではの暑さも脅威である。そのため水は貴重、長時間歩くことは出来ない。移動は車を使うが、ガソリンの問題が発生する。そのため、サバイバル要素は高いと言える。ストーリーとしてはマーフィーとテンベレ、それぞれ「家族に会う」という極めてシンプルな目的で行動していて、無駄なことは全くしない。男の物語であるため、恋愛だとか軟派な要素は一切無く(個人的にはパニック映画に恋愛要素は不要だと思う。)、昔のゾンビ映画のような硬派な作品に仕上がっている。この作品はイギリス映画なのだが、イギリス特有のシニカルな要素も盛り込まれている。最近はもう正統派ゾンビのメッカはアメリカからイギリスに移った気がするなぁ。

  1. 2015/06/04(木) 13:13:26|
  2. スプラッター
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Taka

Author:Taka
大学生の映画好き男子です(笑)下記は簡単な自己紹介!
 
住んでいる場所...関西のどこか

超・僕的好きな映画オールタイムベスト10...
1. ブレードランナー
2. 椿三十郎 
3.スタンドバイミー 
4.パンズ・ラビリンス 
5.セブン 
6.勝手にしやがれ 
7.ゴジラ(1954) 
8. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!モーレツオトナ帝国の逆襲 
9 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
10. スパイダーマン2

超・僕的好きな映画ベスト10(2010‘sEdition)
1. マッドマックス 怒りのデスロード 
2.シン・ゴジラ 
3.BLAME! ブラム 
4.アイ・アム・ア・ヒーロー 
5.ズートピア 
6.スーパー! 
7.劇場版 魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語 
8.エール! 
9.オデッセイ 
10.ドライヴ


好きな映画監督...リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロン、ギレルモ・デル・トロ、黒澤明

好きなハリウッド俳優...アル・パチーノ

好きなハリウッド女優...シャーリーズ・セロン

好きな漫画...クレヨンしんちゃん、ケロロ軍曹

好きな食べ物...ピザ、寿司、ラーメンetc...

好きな飲み物...オレンジジュース、ビール

好きな芸能人...大泉洋

このブログはホラー以外のジャンルも扱うようになったので、普通の映画好きな人も見てくださると嬉しいです!
Twitterリンク: (Twitter

最近新しいブログも始めました! リンクはこちら、Takaのお気楽堂

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

映画総合 (70)
アニメ (11)
ゲーム (2)
その他 (3)
アクション (8)
サスペンス (9)
スプラッター (11)
ホラー (13)
スリラー (8)
ヒューマンドラマ (6)
SF (9)
コメディ (2)
時代劇 (1)
怪獣映画 (6)
ダークファンタジー (1)
ヒーロー、ヒロイン (2)
お祭り映画 (1)
駄作 (1)
青春映画 (0)

広告

フリーエリア

リンク

検索フォーム

フリーエリア