FC2ブログ

Takaのビックリ映画館

元はこの僕、Takaがホラー映画、SF映画やアクション映画を紹介、レビューするブログでしたが、名前を新たに、僕が観た様々なジャンルの映画を独断と偏見でレビューするブログに変身しました(笑) *過去の記事には刺激が強い内容を含むもの(主にホラー、スプラッター系)がありますので、KIDSと下ネタ嫌いな人はご注意ください!!

悪魔の手毬唄

最近は観た映画のネタが洪水のように溜り、ブログのネタへと消化できていない悪循環でありまして(笑)、なかなか更新できていないのですが、これは良いと思った映画をピックアップしていこうと思っているので、このブログを見てくださってる方はどうか優しい目で応援していただけると幸いです!

さて、今回紹介する映画は、僕が個人的に好きな作品でありまして、横溝正史の小説を原作とした「犬神家の一族」(1976)のヒットを受けて公開された、故・市川崑監督、石坂浩二主演による作品、「悪魔の手毬唄」であります。


文明社会から隔離され、古い因習がいまも力を持つ鬼首村(オニコベムラ)。村に伝わる手毬唄。その歌詞に見立てた殺人事件が発生する。事件解決を依頼された金田一耕助。やがて、事件の背後に村を二分する二大勢力、由良家と仁礼家の存在が浮かび上がってくる。金田一は真犯人を見つけ出すため、失われた手毬唄の秘密を追うが……。石坂浩二の金田一耕助シリーズ第二弾。 (Yahoo映画より)

1976年公開の「犬神家の一族」は、もちろん日本映画の金字塔として根強い人気を誇る偉大な作品であり、パロディもよくなされているという点からも非常に影響力があることはよくわかります。
娯楽映画として完成された豪華絢爛な「犬神家の一族」の陰に隠れがちな印象の強い「悪魔の手毬唄」ですが、実はこの作品が石坂金田一シリーズの最高傑作として挙げる映画ファンも数多くいます。
続編であるにも関わらず評価が高いのは、やはり岸恵子、若山富三郎といったキャストたちの熱演と、より洗練された美しい映像、そして何よりミステリーとしての完成度の高さによるものでしょう。

まず、オープニングシークエンスが素晴らしい。 日本の田舎にある村でいちゃつく若者たち・・・という一見外国映画でもみているような雰囲気を打ち破るかのように、ブレーキが壊れた自転車を全速力で走らせ登場する金田一。
その後、岸恵子演じる青池リカのダイアログへと移り、彼女があるセリフを言いかけたと同時にタイトルが表示される・・・
この巧みな構成により、観客の心をがっちりと掴み、これから始まる恐ろしくも切ない事件へといざなってくれるのです。
この作品のテーマ曲である、村井邦彦による「哀しみのバラード」がまた、ドキドキ感を一層高めてくれます・
おどろおどろしいながらも、どこか希望を感じるクラシック的な美しい曲だぅった「愛のバラード」に対し、「哀しみのバラード」はひたすらい悲しさ、切なさを感じさせる、非常に日本的なメロディの曲ですが、これが作品と非常にマッチしていて、思わず何度も聴きたくなるような気持ちにさせられます。


ストーリーは、兵庫と岡山の県境にある、「鬼首村」で起こった殺人事件がキーになっています。 前作や「獄門島」のように、手毬唄をモチーフにした見立て殺人が行われますが、これ自体がミステリーとしてよくできており、犯人の動機もその立場に立たされたことを感じると非常に納得できるものです。(肝心の犯人が結構早い段階でわかってしまうのが残念)
前作で描かれていた母の哀しみ要素をより突き詰め、母、それ以上に一人の女としての哀しみが強調されています。 また、閉鎖的な村において、時代が移り変わりという人にはコントロールすることのできない理不尽さに翻弄される人々がいて、それに順応する者もいれば、取り残される者もいるという人の世もしっかりと描かれています。

キャストを見てみると、すっかり金田一耕助役が板についている感のある石坂浩二、今回金田一とともに事件に挑む磯川警部を演じる若山富三郎、20年前の事件がきっかけで心に傷を持っている未亡人、青池リカを演じる岸恵子、シリーズ常連の加藤武や大滝秀治といった魅力的な役者が揃っており、それぞれの持ち味をしっかりと出せています。
特に若山富三郎演じる磯川警部の人情あふれる雰囲気が最高で、金田一との男の友情をこれでもかというほど見せてくれます。また、彼が20年ぶりにこの事件を捜査するきっtかけとなった、岸恵子演じる青池リカのことを愛しているのですが、彼女に気づいてもらえない・・・というまるで少年のような不器用さもまた、彼が非常に魅力的なキャラクターであるといえます。
一方の岸恵子演じる青池リカは、20年前に夫が殺されたという凄惨な光景をめにしながらも、明るく振る舞っている。 明るく振る舞っているんだけども、どこか影のある感じが非常に上手く出せています。
また、美人ではあるけれど過去に水商売とかやってたのかな?とも思えるちょっと派手めな顔立ちと、地味な和服姿のギャップもあいまって何か訳ありなんだなと感じさせ、この人が演じているからこそ出せるものだと感じましたね。

演出手法については、もう語りつくされていますがやはり構図がかっこいいですね。
市川監督は、実写映画にアニメ的な手法を導入したパイオニア的な監督であり、「新世紀エヴァンゲリオン」、「シン ゴジラ」の庵野秀明監督も市川監督の影響を受けていることは映像を観れば手に取るようにわかります。
無駄なシーンは全くないので、映画として非常に観やすく、画面の切り替わりも完璧に計算されているので、観ていて飽きることがありません。
また、殺戮シーンにおいても、前作同様おどろおどろしさと美しさが同居しているような絵作りが徹底されており、もやはアートと呼んでもいいその出来は秀逸。
市川監督作品を観ると、最近の日本映画でもアニメ的手法をもっとやればいいのに・・・なんて思ってしまいます。
ただ、やはりこの手法は非常に時間をかけつつ、丁寧に作らなければ成しえないものであり、職人技だなと感じますね。

最後に、この映画のラストを飾るシーンは日本映画屈指の名場面であります。 岡山にある総社駅を上手く利用したシーンなのですが、非常に潔く美しいものであります。 もうね、こればかりは実際に観て確かめてもらいたいです! 言葉で説明できない良さがそこにはあります。
原作のある映画を観ているというよりは、市川崑監督の世界を観ているような感覚になる作品で、非常に味のある映画であり、ジブリ映画のように何度か見返したくなるような、隠れた名作だと思いますね。
  1. 2017/06/02(金) 17:00:00|
  2. サスペンス
  3. | コメント:0

犬神家の一族 (1976年版)

僕は幼い頃から、探偵ものやサスペンスが大好きです。「名探偵コナン」は勿論、「金田一少年の事件簿」は大人になった今でも観ているほどです(*^^*)

そんな僕が中学2年生の終わりに出会った作品があります。それが、故・市川崑監督の角川映画第1作である、「犬神家の一族」であります。

旧家の名士犬神佐兵衛の遺言状が公開されるが、莫大な遺産の相続者は佐兵衛の恩師の孫娘である野々宮珠世と結婚した者と記されていた。佐兵衛の孫にあたる3人の男はそれぞれ珠世を我が物にしようと企むのだが、やがてそれは連続殺人事件へと発展していく...

「この映画を観たことはないけれど、どんな映画かは知ってる。あの両足が不気味なやつでしょ? 」なんて声がまず聞こえてきそうなこの映画。その通り、湖から飛び出したあの両足は、多くのコントやパロディに影響を与えたほどインパクトの強いものでありました。

そのため、「両足」とこの映画に登場する「佐清の白いゴムマスク」といったイメージがあまりにもパロディに使われ過ぎて、映画の内容が曇りがちになっている気もしなくはないです(笑)。

さて、本題。この映画は横溝正史氏の有名な推理小説を、市川崑監督が映画化した記念すべき角川映画第1作であります。
現在は角川書店の書籍が原作の、様々なドラマやアニメ作品が映画化されていますが、この「犬神家の一族」が当たらなければありえなかったでしょう。

それほどこの映画は、原作の良さと映像ならではの表現と重厚な音楽、そして石坂浩二をはじめとした役者陣の力を上手くブレンドした名作なのであります。

石坂浩二演じる金田一耕助は、原作のイメージ通り、雀の巣のようなフケまみれの髪にくたびれた帽子、着物と袴といった容姿は勿論のこと、推理の時の吃りまでも再現されています。石坂浩二氏はご存知の通り、都会派の二枚目俳優で、金田一のイメージは薄いという声がありましたが、これは石坂氏が「ウルトラQ」や「ウルトラマン」などでナレーターとしても活躍していたことから抜擢されたという話があります。つまり、金田一耕助はあくまで、事件をナレーションする役割であって主人公ではないということです。

実際、金田一は佐清や松子、珠代といった登場人物の影に隠れているし、探偵なのに(金田一の特徴とはいえ)、殺人を未然に防げず、土壇場で犯人当てを展開することで初めて活躍します。
しかし、この点が犯人に惚れられたりする明智小五郎とは異なる金田一の魅力であり、ある意味リアルでもあります。

映画で起こる陰惨な殺人事件は、犬神家の三つの家宝である「斧(よき)、琴、菊」ににまつわるものでありますが、特に不気味なのが菊と斧。特に菊は、昔枚方パーク(ひらパーなんて呼ばれてますね)で見た菊人形を思い出しました。(当時子どもだったので怖いと思ってました^^;)

もう一方の斧はあの有名な両足であります。1976年版ではあの両足、生身の人間がやっているので非常に不気味です。(2006年のリメイク版はダミー)

その不気味な殺人事件の裏には、犬神家に隠された愛憎のドラマがあったのです。犬神家の一族のテーマ「愛のバラード」が何とも言えない気持ちにさせてくれますね...

「犬神家の一族」素晴らしい映画であります。まだ観てない人はオススメです!







  1. 2016/01/29(金) 10:49:25|
  2. サスペンス
  3. | コメント:0

ピエロがお前を嘲笑う

今年は邦洋ともに話題作が目白押しの豊作でしたね! 特にSF映画に関しては、懐かしのシリーズ最新作のバーゲンセール状態でありました。僕がもっとも興奮し、軽く20回以上は観ているマッドマックスを筆頭に、「これは観なくてはならない!」といえるSF映画が次々と公開された近年まれに見る当たり年といえるでしょう。 

そして2015年の年末、今年最後を締めくくる話題の一作と言えるであろう「スターウォーズ・フォースの覚醒」で締めくくる人は多いのではないでしょうか。 僕は今のところ観に行く予定はありませんが、「面白かった!」と思った人はぜひ僕にご一報ください!(笑)

さて、今日紹介するのはこれ、「ピエロがお前を嘲笑う」であります。今年9月に公開されたドイツ発のサイバー犯罪モノで、早くもハリウッドでのリメイクが決まった話題作です。

世間を震撼させたハッキング事件を次々と起こし、遂に殺人の容疑者として追われていた天才ハッカー、ベンジャミンが警察に出頭してくる。自分が盗んだ情報を元に、殺人事件が発生し、今度は自分自身の命が狙われているというのだ。彼の話は、次のようなものだった。学校では苛められて孤独に過ごしていたベンジャミン。世界をハッキングすることを夢見る未来の革命家マックスに才能を見込まれた彼は、その仲間に加わる。やがて、マックスの仲間ステファンやポールと共に、ハッキングチーム“CLAY”を結成。ドイツ経済界の管理システムをハッキングし始める。だが、その行動は、ヨーロッパ警察ユーロポールやライバルのハッカーチーム“MrX”の関心を引く結果となった。さらに危険な世界へ足を踏み入れたベンジャミンたちCLAYのメンバーは、ユーロポールやMrXのみならず、ロシアのサイバーマフィア“FR13ENDS”まで巻き込み、やがて命の危険に晒されるようになってしまう。そこから抜け出せるかどうか、全てはベンジャミンの天才的なサイバー能力にかかっていたというのだが……。捜査官はその自白を元に捜査を始めるが、証言内容に合致しない事実が次々と明らかになってゆく。

この映画は僕の地元近くだと梅田ブルク7でしか上映されていなかったので、ネット予約でベストポジションを予約し、人ごみにもまれながら観た映画であります(笑) 公開の1か月ほど前から楽しみにしていた映画で、期待値が高かった分、やや難アリな部分も見受けられましたが、トータルではとても面白い映画だったと思います。 

映画はストレートにかっこいいオープニングシークエンス、そしてベンジャミンが自供するところから幕を開けます。(一部では「ユージュアル・サスぺクツ」のパクリであると評されていましたが。「ユージュアル...]を踏襲しつつ、今風にアレンジしている感じで、僕はとても好きです。) 

そして、観客を物語に没入させるため、ベンじゃがどのような人生を送ってきて、どのような人間なのか?という彼の自己紹介が始まります。彼は幼いころから勉強は得意でしたが、いじめられっこであり、スパイダーマンやバットマンのような、ヒーローに憧れていました。

 好きな女の子に話しかけることも満足にできず、とにかく不遇な若者といったところ。そんな彼が大学のパソコンをハッキングしたことかっら、初めて友よいえる存在であるマックスたちに出会います。

ベンジャミンは彼らのリア充っぷりに魅了され、様々な施設をハッキング。ネット上で英雄といわれるようになりますが、そんな生活も長続きするわけもなく、ドロドロとした状況に陥っていきます。
 
ネット社会の現代であるからこそ作れたこの映画。ストーリー自体は目新しいものではありませんが、この映画はビジュアル面で画期的な試みがなされています。それは電脳世界での会話の描写であります。電車の中で人間の体に動物の顔をしたハッカーたちが会話していて、その電車の一番奥にはネット世界における帝王Mr.Xが鎮座している。 

このユニークな発想は不気味で無機質でありますが、普通にパソコンの画面を見せされるよりもはるかにストーリー性があり、映画のテンポを途切れさせません。 色使いもパーフェクトに近く、美術担当スタッフの力量の高さが伺えます。 
唯一の不満点はうたい文句であった「結末は100%見破れない」でしょうか。
うたい文句の肝心なオチがやや弱い印象があったので、それは詐欺ちゃうの?と思ってしまいました(笑) もう少しひねりがあれば、もっと素晴らしいものになったのではないかな?と感じましたね。
ピエロがお前を嘲笑う
  1. 2015/12/24(木) 15:32:30|
  2. サスペンス
  3. | コメント:2

ラストサマー

いよいよ夏本番! 今年も予定ぎっしり詰まってる人は多いだろう。デートやら海水浴やら... えっ?俺? 俺は残念ながら何も予定無し(泣) 勉強と読書、そして映画鑑賞のみだ(笑)

というわけで今回紹介するのは「ラストサマー」、1997年の作品。

ある夏の夜。ジュリーたち4人の高校生は、車を走らせていたところ、事故を起こして男を轢き殺してしまう。事の発覚を恐れた彼女らは男の死体を海に葬り、この事を誰にも話さないように誓い合った。
1年後。大学生になったジュリーの元に匿名の手紙が届く。(I know what you did last summer.) 「去年の夏、お前たちが何をしたのか知っているぞ。」その手紙をきっかけに、あの日のメンバーが次々と血祭りにあげられていく。

「スクリーム」に始まる学園ホラー。この映画も同様、若者が次々と殺されていくスラッシャーホラーだ。何も考えず、ポップコーン片手に気軽に観るタイプのライトな傑作だった「スクリーム」の後を追うように作られた、この「ラストサマー」。残念ながら、「スクリーム」を超える事は出来なかった。決してつまらないわけではない。この作品、犯人・フィッシャーマンに問題があるのだ。「スクリーム」の犯人は「そうか、そう来たか...」だったが、「ラストサマー」は「お前誰やねん!」みたいな感じなのである。つまり、画面上に全く出て来なかったヤツが犯人という、あまりにもセコいお粗末な犯人ばらし。フィッシャーマンの風貌は黒のレインコートにハット、凶器はフックという、オリジナリティー溢れる出で立ちであるため非常に勿体無い。まあ、作品の展開自体は中弛みせずに一気に観られるし、ジュリー役のジェニファー・ラブ・ヒューイットを観てるだけでも幸せになれるのでオススメ出来なくはない。ジェニファーの「近所に住んでそうなお姉さん」的なキュートさは男は皆釘付けになると思う(笑)



  1. 2015/06/19(金) 23:09:13|
  2. サスペンス
  3. | コメント:0

ウィッカーマン

イギリスの伝説的カルト映画。

スコットランド・ハイランド地方の警察に勤めるニール・ハウイーは、行方不明になった少女ローワン・モリソンを探して欲しいという匿名の手紙を受け取り、ヘブリディーズ諸島の孤島サマーアイルにはるばるやって来た。そこでハウイーを待っていたのは、島の領主であるサマーアイル卿によってキリスト教普及以前のケルト的なペイガニズムが復活していた光景だった。厳格なクリスチャンであるハウイーは嫌悪感を隠せなかった。彼が泊まった宿では主人の娘ウィローが艶めかしく踊り、歌い誘惑してくる。島では「5月祭」が近づいているため、ハウイーに協力する気はなく、独自に捜査するしかなかった。皆が口を揃えて、「ローワンはいない」と言うのだ。ある日、サマーアイル卿を訪ねたハウイーは驚くべき事実を聞かされるのだった。

アンチ・クライスト映画の走りとも言えるこの作品。ズバッと言ってしまえば、「変な映画」。現代人でこの作品に興味を持つ人は変人であると思う。(俺のこと。) 結婚するまで童貞を守り続けているガチのクリスチャン、ハウイーは、夜になると宿の娘ウィローのエッチな裸踊りと歌に悩まされ、野外セックスをおっ始める若者たちに嫌悪感を覚え、性に解放的な実に素晴らしい、いや、けしからん島だと吐き捨てる。ティーンの女の子数人が裸踊りする授業やチンポを崇拝する授業に苛立ち、挙句の果てには何故キリスト教を教えない?と、自らの宗教を押し付ける。ハウイーはこの島で唯一のキリスト教徒なのだ。彼が異教徒だと罵っても、島民たちは「何でお前に押し付けられねばならんのだ?」って反応だ。ハウイーの厳格な信仰心は、やがて最悪の結末を招く。
  1. 2015/06/12(金) 18:57:42|
  2. サスペンス
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Taka

Author:Taka
大学生の映画好き男子です(笑)下記は簡単な自己紹介!
 
住んでいる場所...関西のどこか

超・僕的好きな映画オールタイムベスト10...
1. ブレードランナー
2. 椿三十郎 
3.スタンドバイミー 
4.パンズ・ラビリンス 
5.セブン 
6.勝手にしやがれ 
7.ゴジラ(1954) 
8. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!モーレツオトナ帝国の逆襲 
9 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
10. スパイダーマン2

超・僕的好きな映画ベスト10(2010‘sEdition)
1. マッドマックス 怒りのデスロード 
2.シン・ゴジラ 
3.BLAME! ブラム 
4.アイ・アム・ア・ヒーロー 
5.ズートピア 
6.スーパー! 
7.劇場版 魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語 
8.エール! 
9.オデッセイ 
10.ドライヴ


好きな映画監督...リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロン、ギレルモ・デル・トロ、黒澤明

好きなハリウッド俳優...アル・パチーノ

好きなハリウッド女優...シャーリーズ・セロン

好きな漫画...クレヨンしんちゃん、ケロロ軍曹

好きな食べ物...ピザ、寿司、ラーメンetc...

好きな飲み物...オレンジジュース、ビール

好きな芸能人...大泉洋

このブログはホラー以外のジャンルも扱うようになったので、普通の映画好きな人も見てくださると嬉しいです!
Twitterリンク: (Twitter

最近新しいブログも始めました! リンクはこちら、Takaのお気楽堂

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

映画総合 (29)
アニメ (11)
ゲーム (2)
その他 (3)
アクション (8)
サスペンス (9)
スプラッター (11)
ホラー (13)
スリラー (8)
ヒューマンドラマ (6)
SF (9)
コメディ (2)
時代劇 (1)
怪獣映画 (6)
ダークファンタジー (1)
ヒーロー、ヒロイン (2)
お祭り映画 (1)
駄作 (1)
青春映画 (0)

広告

フリーエリア

リンク

検索フォーム

フリーエリア