FC2ブログ

Takaのビックリ映画館

元はこの僕、Takaがホラー映画、SF映画やアクション映画を紹介、レビューするブログでしたが、名前を新たに、僕が観た様々なジャンルの映画を独断と偏見でレビューするブログに変身しました(笑) *過去の記事には刺激が強い内容を含むもの(主にホラー、スプラッター系)がありますので、KIDSと下ネタ嫌いな人はご注意ください!!

スパイダーマン ホームカミング

皆さん、お久しぶりです!

先日、大学の友達と映画を観に行きましたので、レビューしていきたいと思います。

今回レビューするのはこの映画・・・

「スパイダーマン ホームカミング」

であります!!


サム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」(2002~07)、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の 「アメイジング・スパイダーマン」(12~14)に続き、3度目の映画化となる新たな「スパイダーマン」。主人公スパイダーマン=ピーター・パーカー役には、「インポッシブル」のトム・ホランドを抜てきし、「アベンジャーズ」シリーズをはじめとした、同じマーベルコミック原作の作品同士で世界観を共有している「マーベル・シネマティック・ユニバース」に参戦。16年に製作・公開された「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で初登場を果たした後のスパイダーマンの戦いを描く。ベルリンでのアベンジャーズ同士の戦いに参加し、キャプテン・アメリカのシールドを奪ったことに興奮するスパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーは、ニューヨークに戻ったあとも、トニー・スタークからもらった特製スーツを駆使し、放課後の部活のノリで街を救う活動にいそしんでいた。そんなニューヨークの街に、トニー・スタークに恨みを抱く謎の敵バルチャーが出現。ヒーローとして認めてもらい、アベンジャーズの仲間入りをしたいピーターは、トニーの忠告を無視してひとりで戦いに挑むのだが……。悪役のバルチャーを演じるのは、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートン。監督は、ミュージックビデオ出身で「クラウン」「COP CAR コップ・カー」で注目された新鋭ジョン・ワッツ。(映画.com)

ついに来ましたね、スパイダーマン映画最新作!

このブログで何度か言及しておりますが、スパイダーマンファンの僕にとって、


「待ってました!」


という感じであります(笑)


さて、スパイダーマンシリーズといえばサム・ライミ監督の三部作、そしてマーク・ウェブ監督の「アメイジング スパイダーマン」2作が記憶に新しいですよね。

サム・ライミ版は3作全てが世界中でメガヒットを飛ばした、ブロックバスター作品でしたが、一方のマーク・ウェブ版が2作品とも興行的にはイマイチなものでした。

マーク・ウェブ版は決して出来が悪い訳ではないのですが、やはり不振の原因としてはリブートの企画がやや早過ぎたこと、そしてその1作目で2回目の誕生秘話をやってしまったことでしょう。

観客としては

「またベン伯父さんの話? もう知ってるよ・・・」

と思った方も少なくないはずです。(僕は当時思いました。)

一方、全体的に出来がややイマイチだった1作目の反省を生かした2作目はライミ版とはまた違ったことに挑戦しようとしているのが伝わってきましたし、映画としても面白かったです。

そして本作ですが、前世代の「スパイダーマン」シリーズとの最大の違いが、


MCU(マーベルシネマチックユニバース)の内の一作であるということ。


つまり、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、ハルクなどのマーベル社のスーパーヒーローが活躍する「アベンジャーズ」シリーズと世界観を共有しているわけですね。

そのため、今回の「スパイダーマン ホームカミング」ではアイアンマンであるトニー・スタークの他、アベンジャーズ関連の出来ごとが何度か登場します。

こう聞くと、アベンジャーズ関連作を観ていないと楽しめないのではないかと思う方もいることでしょう。

しかし、安心してください。

今回はあくまで、

ピーター・パーカー=スパイダーマンの成長物語

となっています。

確かにアベンジャーズ関連の単語などは出てきますが、それらを知らなくても基本的にスパイダーマンを中心に物語が進むので気になりません。

所謂共闘ものではなく、しっかりとヒーロー単品の映画に仕上がっていました。


さて、新しいピーター・パーカー=スパイダーマンを演じるトム・ホランドですが、これまでスパイダーマンを演じてきたトビー・マグワイア、アンドリュー・ガーフィールドとはまた違った魅力も持ったナイスな配役だと思います。

前の2人と比べられるであろうことなど全く気にせず、まだ若いころの無邪気なピーターを楽しそうに演じています!

原作というよりも、アニメ版に近い雰囲気で非常にフレッシュかつちょっと調子こいてる感(笑)に溢れているんですね。

特にトニーから新しいスパイダーマンスーツ(例のピッタリフィットするスーツね(笑))をプレゼントされたときのはしゃぎっぷりが可愛いんです(笑)

完全に

プレゼントもらって大喜びしてる子どもですよ(笑)

しかもこのプレゼントされたスーツの機能が凄い!

勿論、蜘蛛の能力であるスパイダーセンスとウェブシューターは健在なのですが、まるでアイアンマンスーツのように様々なギミックと、人工知能を搭載しています。

特に視界のインターフェイスは完全にアイアンマンスーツ(笑)

さすがトニー・スタークお墨付きの技術ですね!

アクションそのものも、前世代の作品で印象的だった摩天楼を飛んでいくというよりも住宅街などの比較的低めの場所をウェブスイングしていくというもの。

これは非常に新鮮に感じましたね。


ここまで主役であるスパイダーマンについて語りましたが、今回のヴィラン(悪役)であるヴァルチャーについてもお話したいと思います。

まず何といっても演じる役者がマイケル・キートンというのが豪華ですよね(笑)

僕の中では彼は完全にバットマンのイメージが強いのですが、
かつてバットマンだった男が2014年の「バードマン」でまたもや翼を持つヒーローと落ちぶれた男を演じ、
今度はDCの対抗馬であるマーベルのスパイダーマンにて、今度は翼を持つ悪役を演じるという・・・

ものすごい経歴となっています(笑)

このマイケル・キートンの怪演がものすごい!

特に後半、スパイダーマンであるピーターと対峙するシークエンスでは、ジョン・ワッツ監督の芸術的な演出も相まって、完全にサイコパスものの映画を観ているようでした(笑)

また、悪事を働く理由もある意味スパイダーマンとほぼ同じ目線で、同情できる部分があったのもよかった。

善と悪の境界線が、それぞれの考え方によって決定的に異なっているというのが、しっかりとただの勧善懲悪ものに終わらせていません。


あと、前世代の「スパイダーマン」シリーズに対するオマージュシーンがいくつかありました。

予告編でも登場している船のシーンは完全にライミ版の「2」ですし、「1」の逆さキス、「アメスパ2」のグウェンとの別れのシーンも・・・

特に「アメスパ2」のオマージュは、完全に逆手にとった上手いオマージュで、スパイダーマンファンの僕としては感慨深いものがありましたね。

総評として、前2世代のシリーズとまた異なるアプローチで構成された本作ですが、シリアスとコメディのバランスが絶妙であり、エンターテインメントとしても非常に出来が良い一作になっています。

是非IMAX、3Dなどでお楽しみください!

今夏の大作映画として非常におすすめです!!

  1. 2017/08/25(金) 20:56:22|
  2. ヒーロー、ヒロイン
  3. | コメント:0

仮面ライダーZO

僕は幼い頃、ヒーローに憧れてました。(今もそうですがね(笑))

特にウルトラマン、仮面ライダーは好きなヒーローでありまして、両者とも昭和・平成ともにほぼ全ての作品を観ていたほどハマっていました。

個人的にはウルトラマンではセブン、ティガ、仮面ライダーではBLACK、ZO、クウガ、龍騎、剣が好きであります。

僕が好きなウルトラマンと仮面ライダーは比較的知名度が高い顔ぶれだと思うのですが、この前友達と「仮面ライダーとか懐かしいな〜!w」なんて話をしたときに、みんなこぞって「何やそれ? 知らんわw」って言ったライダーがいまして... それがZOだったのです。

まあ、確かにテレビシリーズではなく映画のみのライダーであるのと、BLACK RXやクウガの間に公開されているということもありイマイチ影が薄いから当然だよなぁ...だなんてその時思ったのと同時に、「あんな名作を知らないのか...?フフッ、もったいない...」なんて厨二病発言を心の中でしてみたり...(注・ジョークです(笑))

と、まあそんな感じの出来事がありました。さて、今回紹介する「仮面ライダーZO」は特撮ファンでなくとも楽しめる作品であると思っています。「仮面ライダーは知ってるけど、いっぱいあり過ぎてどれから観たらいいか分からないよ!」って人には、僕は本作をオススメする程(初代ファンを敵に回したなこの発言は^^;)、非常に素晴らしい出来であります。ストーリーはこんな感じ。

仮面ライダー20周年記念作品。 完全生物・ネオ生命体の開発に執念を燃やす狂気の科学者・望月博士によってバッタの改造人間にされてしまった元助手の麻生勝は、放浪の末樹海の中で眠りについた。そして数年が経ち、謎の声に導かれた勝は復活を遂げ、ついに完成したネオ生命体・ドラスから望月博士の息子望月宏を守るために立ち上がった!!(pixiv百科辞典より)

まず目を引く仮面ライダーZOのネーミングでありますが、これは20と似ていることからZOと名付けられました。また、「究極・原点」といった意味も含まれています。
この映画に登場するライダーであるZOのデザインは1号からBLACK RXまでの昭和ライダーの流れを汲みつつ、外骨格のようなボディと、ベルトを廃した新たなアプローチがされたデザインで、非常に格好いいです。

シンプルなデザインであるライダーに対し、怪人であるネオ生命体は、雨宮監督お得意の非常に生物的で生理的嫌悪感を催すデザインになっています。特に、ライダーのアンチテーゼであり、ZOのライバルである怪人ドラスのデザインは、怖くて不気味ながらも非常に格好いい絶妙なバランス。芸術的ともいえるデザインであります。

人物描写も非常に繊細で、仮面ライダーZOに変身する主人公の麻生勝は平成ライダーのようなイケメンヒーローとはちょっと違う、頼りになるお兄ちゃんといった感じのナイスガイで、一見ぶっきらぼうに見えるけど実はすごく優しくて、苦悩を乗り越えて自らの運命を受け入れる勇気も併せ持った、まさにライダーに相応しいヒーロー像です。
また、一度は人類を見限り、完全な生命体を作ろうとしたが、自らがとんでもないものを生み出してしまったことに後悔してしまう望月博士、博士が人の心を失う前にプレゼントしたオルゴールを大事に持つ息子である宏、発明家で宏の祖父の清吉、宏が通う道場の3人組など、少ないながらも印象に残る人物が登場します。

ストーリーは48分という短い尺ながらも非常に濃い内容で、「仮面ライダー」の全てが詰まっています。

科学によって生まれた邪悪な存在と、同じく科学によって生まれながらも人の心を失わず、大自然と一体化した正義の使者との対決...という初代の基本フォーマットはきちんと踏襲されているし、最後に勝利するのは純粋な「人の心」という、当たり前だけど忘れがちな正しいことを教えてくれる素晴らしいヒーロー映画です。



  1. 2016/01/24(日) 13:17:48|
  2. ヒーロー、ヒロイン
  3. | コメント:3

プロフィール

Taka

Author:Taka
大学生の映画好き男子です(笑)下記は簡単な自己紹介!
 
住んでいる場所...関西のどこか

超・僕的好きな映画オールタイムベスト10...
1. ブレードランナー
2. 椿三十郎 
3.スタンドバイミー 
4.パンズ・ラビリンス 
5.セブン 
6.勝手にしやがれ 
7.ゴジラ(1954) 
8. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!モーレツオトナ帝国の逆襲 
9 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
10. スパイダーマン2

超・僕的好きな映画ベスト10(2010‘sEdition)
1. マッドマックス 怒りのデスロード 
2.シン・ゴジラ 
3.BLAME! ブラム 
4.アイ・アム・ア・ヒーロー 
5.ズートピア 
6.スーパー! 
7.劇場版 魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語 
8.エール! 
9.オデッセイ 
10.ドライヴ


好きな映画監督...リドリー・スコット、ジェームズ・キャメロン、ギレルモ・デル・トロ、黒澤明

好きなハリウッド俳優...アル・パチーノ

好きなハリウッド女優...シャーリーズ・セロン

好きな漫画...クレヨンしんちゃん、ケロロ軍曹

好きな食べ物...ピザ、寿司、ラーメンetc...

好きな飲み物...オレンジジュース、ビール

好きな芸能人...大泉洋

このブログはホラー以外のジャンルも扱うようになったので、普通の映画好きな人も見てくださると嬉しいです!
Twitterリンク: (Twitter

最近新しいブログも始めました! リンクはこちら、Takaのお気楽堂

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

映画総合 (70)
アニメ (11)
ゲーム (2)
その他 (3)
アクション (8)
サスペンス (9)
スプラッター (11)
ホラー (13)
スリラー (8)
ヒューマンドラマ (6)
SF (9)
コメディ (2)
時代劇 (1)
怪獣映画 (6)
ダークファンタジー (1)
ヒーロー、ヒロイン (2)
お祭り映画 (1)
駄作 (1)
青春映画 (0)

広告

フリーエリア

リンク

検索フォーム

フリーエリア